2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東なまこは中国で高級ブランド

中国では、日本の「関東なまこ」というブランドのなまこが付加価値が高い。

中国の市場では、5cmくらいの乾燥なまこが売られているが、突起がするどいものほど値段が高い。なんでも、東北地方で取れるもの(関東なまこと呼ばれているらしい)が、突起がするどく、高く売れるそうだ。それに比べて九州のなまこは、突起がはっきりしていないため、非常に安い。

日本では、「赤なまこ」と「青なまこ」があり(どちらもマナマコ)、赤なまこの方が、高く取引される。しかし、正月を過ぎると、一気に値段が下がってしまう。この赤なまこを、中国でブランド化できないものか?

日本の正月を過ぎて価格が下がったなまこを、中国へもっていき、春節(中国の旧正月:2006年は、1月29日)に高く売れないだろうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://grobal.blog35.fc2.com/tb.php/1-ac45b608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

壱円

Author:壱円

アクセスカウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。