2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なまこ」について調べる

「なまこ」について調べてみた。

ナマコ(海鼠、英 sea cucumber、sea slug)は、棘皮動物門ナマコ綱に属する海生の動物の総称。

マナマコ科のマナマコ(学名Stichopus japonicus)、オキナマコ、キンコ科のキンコ、クロナマコ科のジャノメナマコなど。

マナマコのうち、体色が暗緑色から黒色のものは青ナマコまたは黒ナマコと呼ばれ、体色が栗色から褐色のものは赤ナマコと呼ばれる。

一般に赤なまこは岩礁地帯に、青なまこは泥質の所に住んでおり、食べものや住む場所のちがいがある。身は、赤なまこは硬く、青なまこは軟らかいという特徴がある。

日本では古来食用にされ、旬は初冬。体重の90%以上は水分で、たんぱく質の大部分はコラーゲンである。

干さないナマコの場合、酢の物として食べることが多い。 また、腸などの内臓を塩辛にしたものはこのわたと呼ばれ、日本三大珍味のひとつとされる。 全体を干したものは煎海鼠(いりこ、またはきんこ)、卵巣を干したものはこのこまたは口子(くちこ)と呼ばれる。

中華料理では、内臓を除いて煮た後に乾燥させたナマコを海参(いりこ、ハイシェン)と呼び珍重する。

海参は漢方薬として古くから滋養強壮薬、皮膚病薬として使われてきた。

また、ナマコがもつサポニンの一種(ホロトキシン)は、強い防カビ作用をもち、白癬菌を原因とする水虫の治療薬「ホロクリンS」として実用化されている。ホロトキシンを発見したのは京都大学薬学部の島田恵年。

サポニンは通常、植物に含まれる成分で、動物でサポニンを含むものはナマコとヒトデだけである。 海参とはナマコの強壮作用から「海の人参(朝鮮人参)」との意味でつけられた名前である。ちなみに朝鮮人参の主要薬効成分もサポニンである。

ナマコ漁業のホームページがありました。こちら

スポンサーサイト

コメント

ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/helper02411/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/helper02411/?mode=edit&title=%82%C8%82%F1%82%C5%82%E0%8F%A4%94%84%81i%8F%A4%94%84%82%C6%93%8A%8E%91%82%CC%8E%C0%91H%93%FA%8BL%81j%20&address=http%3A%2F%2Fgrobal%2Eblog35%2Efc2%2Ecom%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/helper02411/?mail

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://grobal.blog35.fc2.com/tb.php/4-8da60583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

壱円

Author:壱円

アクセスカウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。